飲みやすい青汁の選び方・おすすめの青汁比較ポイント

数年前まで、某CMのように、青汁は本当にまずく飲みにくい物でした。 その原因は、青汁のほとんどに含まれているケールにあります。

ケールは青野菜の中でも飛びぬけて栄養価が高いため、 青汁には欠かせない野菜なのですが、 その唯一の欠点が'苦み成分が多い'ということでした。

現在では様々な工夫がされ、ケールの栄養価を保ったままとても飲みやすい青汁が販売されています。


抹茶風味

例えば、抹茶風味の味にしたもの。これは青野菜の癖のある味をうまく中和してくれるので、子供から大人まで誰でも飲みやすくなっています。


はちみつ

次に、はちみつを加えたもの。はちみつの自然な甘さで癖のある苦味を緩和することができます。また、野菜成分だけでは補えない栄養素がはちみつを加えることで、摂取できるので、健康にとてもいいです。


果物の果汁

果物の果汁を加えたもの。主に、レモン・オレンジ・ライムなどのかんきつ類、リンゴ、バナナ、マンゴー、アセロラ、桃、パインアップル、ブルーベリーなどを加えた青汁があります。

味は、加えたものの割合にもよりますが、サッパリとした物や甘みの強いものになっているようです。


豆乳

豆乳を加えて飲む。単品だとどうも味が馴染めない豆乳ですが、ひとたび他の物を加えると、とても飲みやすります。栄養的にもとても良いので、豆乳とのミックスはお勧めです。


えがおの青汁をレビュー感想や体験談はこちら



このページの先頭へ

  • えがおの青汁お試ししませんか?激安で購入できる格安販売店はここから↓↓↓