給湯器の水漏れ修理は自分でできるのか

給湯器は家庭において毎日使われるものですから、そこから突然水が漏れると誰もが慌ててしまいがちです。給湯器の水漏れを修理するためには内部部品の修理や交換といった専門的で細かな作業を要します。必ず業者に依頼しなくてはならないものですが、その前に自分でもできることがあります。
給湯器 修理を依頼する前に、自分でできる対処を実行しておくことで、修理作業の短縮にもつながります。いざという時のために、ぜひ覚えておきましょう。

■水漏れが起きた給湯器の修理は自分でできるのか

給湯器から水漏れが起きた場合、本体内部をいじったり、細かな部品を交換したりといった作業が必要になります。専門知識と技術、工具を兼ね揃えた専門業者でなければ対処することが難しく、下手に素人が触れることで思わぬ事故につながる可能性があります。危険ですから、必ず専門業者に依頼をしましょう。
ただし、業者へ依頼する前に、自分でできることもあります。給湯器から水が漏れている場合には、まず給湯器のコンセントを抜き、次に給水バルブを締めておきましょう。給水バルブが固くなっていて自分で動かすのが困難な場合には、水道の止水栓を締めることでも同じ効果が得られます。

■業者に依頼する前に確認しておくべきこと

給湯器 修理を依頼する前に、どこから水漏れが発生しているのかを事前に確認しておくと修理作業がよりスムーズに進みます。水が漏れてきている箇所を探して、原因を突き止めましょう。
給湯器で水が漏れやすい部分としては水抜き栓、配管接続部、給湯器本体が挙げられます。水抜き栓からの水が漏れている場合は、修理が不必要な心配のないケースが大半です。なぜなら、ガス給湯器には内部圧が高まると自動的に水を抜いて減圧する仕組みが備わっているからです。試しにそのまま使用を再開してみて、水漏れがなくなるようであれば心配ありません。水抜き栓からの水漏れで全く解消される気配がない場合や、配管接続部、給湯器本体からの水漏れの場合には、すぐに業者を依頼してその旨を伝えましょう。

■まとめ
給湯器から水が漏れる場合には内部の修理や細かな部品の交換が必要になりますので、必ず業者に依頼をします。業者に連絡をする前に、まずはコンセントを抜いて給水栓を締め、次にどこから水が漏れているのが原因を突き止めておくとその後の修理がスムーズに進みます。水抜き栓、配管接続部、給湯器本体が主な水漏れ箇所ですが、水抜き栓から水が漏れている場合は自動的に減圧させる仕組みによるものもありますので、試しに使用を再開して確認しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ