蛇口の水漏れで慌てないために知っておきたい修理のこと

現代の私達にとって最も身近にある水を出すツールと言えば、蛇口です。日常生活を送る上で当たり前のように使っている蛇口も、実はいつ水漏れを起こすか分からないものです。普段通り蛇口を使っただけで急に水が噴き出すこともあります。蛇口から水漏れが起こる原因の大半は劣化であり、長年同じ蛇口を交換せずに使い続けている方はいざという時の対処法を知っておくと安心です。

■蛇口の水漏れは自分で修理できるのか

いつも通りに蛇口を使っただけのはずが、なぜか水が漏れてきて慌ててしまったという経験を持っている方は多いものです。こういった水漏れの場合、原因はほぼ劣化であり、設置から10年前後が経っている蛇口は注意が必要です。
蛇口から水が漏れた場合の修理としては、蛇口 交換が主なものとなります。具体的には、漏れている部分を調べ、その部分のパーツを交換する作業となり、業者を呼ばずに自分で修理することも可能です。蛇口には、取っ手だけでも捻るハンドルタイプや押し引きするレバータイプがあり、それぞれに部品が異なります。他にもデザインやサイズなど多岐にわたっているため、水漏れした蛇口の形状を調べ、それに対応した部品を購入しましょう。ただし、蛇口の形状や水漏れした部位によっては素人が修理することは難しい場合もあります。そのような場合は無理せず修理業者へ依頼してください。

■水漏れを修理するために蛇口 交換をする際の注意事項

蛇口 交換をしている最中に水が噴き出して大慌てするようなことがないよう、修理する前に必ず止水栓を締めておくのが基本です。止水栓は、キッチンであればシンク下にあります。大抵の止水栓は手で締められるハンドルがついた形状ですが、工具を使わないと締めることができないハンドルがない形状のものもあります。
なお、まれに止水栓が見つからないケースもありますが、その場合には水道メーターの近くについている元栓を締めれば大丈夫です。

■まとめ
蛇口の水漏れは劣化によるものがほとんどです。設置から10年前後経っている蛇口を使っている方は注意しましょう。修理と言っても蛇口 交換だけで完了しますから、業者のお世話にならず自分だけで対処をすることも可能です。しかし、蛇口の形状や水漏れ部位によっては難しい場合もありますので、そのような場合は無理せず修理業者へ依頼してください。
蛇口の水漏れの修理に取り掛かる際には、必ず止水栓を締めておきましょう。止水栓が見つからない場合には元栓を締めれば大丈夫です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ